頭皮ニキビとAGAの関係

頭皮は顔よりも皮脂腺が多いため、非常にニキビが出来やすい場所です。
頭皮ニキビが出来る原因は、顔と同様に皮脂の過剰分泌が挙げられます。
あまり目立たない箇所に出来るため、治療もしない人が多いのですが、そのままにしてしまいますと、痛みを伴う赤ニキビに成長する確率が高いので、注意が必要です。

また、髪の毛が邪魔をして、薬を塗ろうとしても、なかなか塗りにくく、皮膚科に行っても治療が長引く可能性があります。
皮脂腺も多いので、治りにくいと言えるでしょう。
ついつい気になってしまい、ニキビ箇所を触ってしまう人もいますが、そんな事をすると、かえって炎症を起こしてしまい、AGAの原因にも繋がります。

頭皮ニキビが出来ると、つい頭皮の環境を良くしないといけないからと言って、過剰に髪の毛を洗う人がいます。
ですが、頭皮の皮脂を一生懸命落とそうとして、1日に何回も髪の毛を洗ってしまうと、頭皮を痛めつけるだけではなく、バリア機能が低下して、余計ニキビが出来やすい環境が整ってしまいます。
皮脂は本来、バリア機能を保つために必要なものになりますので、全て洗い流してしまうと、AGAになりやすくなります。

また、脂っこい食べ物や外食が多い人は、AGAになりやすいと言われていますが、同時に頭皮の皮脂分泌も増えるために、ニキビが出来やすくなります。
揚げ物やチョコレートやケーキなどの甘いもの、インスタントラーメンなどの加工食品は、食べ過ぎると皮脂そのものがドロッとしてしまい、余計毛穴が詰まりやすくなります。
出来る限り海藻類やフルーツなどを意識して摂取して、皮脂の過剰分泌を抑えるようにしましょう。

頭皮ニキビとAGAは密接な関係があります。
ニキビが出来てしまうような生活を送っていますと、AGAにもなりやすいので、注意が必要です。
頭皮に痒い、痛みがあるなどの違和感を感じましたら、そのままにしておいたり、自分で無理に治そうとするのではなく、必ず皮膚科に行くようにしましょう。

両方を治すなら皮膚科へ

AGA治療と聞くと、AGA専門のクリニックに行かないと治らないと思われがちですが、頭皮や頭髪の病気になりますので、一般の皮膚科でも治療が可能です。
また、原因がニキビにあるのであれば、皮膚科で同時に治したほうが効率的だと言えます。

皮膚科では、何が原因でニキビが起こっているのか、また、AGAの原因は何なのかというのを、医師が診断をして、それにあった治療を行います。
皮膚科でのAGA治療も、基本的にはミノキシジルとフィナステリドの併用によって行われます。
毛髪専門のクリニックとも同様の治療が行われますので、同時にニキビも診てくれるのですから安心して治療を受けることが出来ます。

とはいえ、気をつけなくてはいけないこともあります。
それは、全ての皮膚科がAGA治療を行っている訳ではないということです。
病院によっては、それぞれに診療科目が微妙に異なります。
その病院がどの診療に力を入れているかによって、AGA治療を行っていないところもあります。
ですので、皮膚科に行く場合には、必ずその皮膚科がAGA治療を行っているのかどうかと言うのを確かめてから行くようにしましょう。

皮膚科でのAGA治療と頭皮ニキビの治療の最大のメリットは、治療中の頭皮に起こるトラブルを逐次チェックする事が出来るということです。
治療の効果は人それぞれになりますので、細かい診察と経過観察が必要になります。
また、外用薬を使った場合には、副作用やアレルギー反応が起こらないとも限りません。
人によってはフケが出やすくなるなどの副作用もあります。
もともと、頭皮環境が良くないのが原因でAGAになった場合には、皮膚科で同時に環境を整えることも出来るでしょう。